天津っ子「あみ」が中国をレポート。日本語+中国語の二ヶ国語併記ブログ。最近は歌詞訳なんかも。

by ami2026
 
新疆風味のダオラン刀郎の歌 (刀郎的《2002年的第一场雪》)
d0023371_13472137.jpgd0023371_1347288.jpg01 2002年的第一场雪
02 新阿瓦尔古丽
03 新疆好
04 萨拉姆毛主席
05 艾里甫与赛乃姆
06 情人
07 草原之夜
08 祝酒歌
09 敖包相会
10 雨中飘荡的回忆
11 驼铃
12 冲动的惩罚 (タイトルクリックでアルバム全曲試聴できます♪)
今日は刀郎(ダオラン)について。本名は羅林だけど、タラン族という意味の刀郎という名前になったみたい。「2002年的第一場雪」のCDが新疆とかで流行ってて、どんどんそれが広がっていき、その中の「2002年的第一場雪」と「冲動的懲罰」と「情人」が全国でも特に大ヒットになった。私は旅行中に新疆ウイグル族自治区とか青海省で聞いたのがきっかけ。最初はそんなになんとも思わなかったんだけど、何度も聞いてるうちにどんどん気に入った。というのもあの辺りではどこに行っても、刀郎の曲が流れてて、毎日毎日ずっと聞いてたから。(本当どこでも流れてるの!)トルファンの葡萄祭りで聞いた刀郎の「トルファンの葡萄が熟れた」のカバーもなかなかだったし。香港台湾の歌手とはまた違った感じの魅力がある。刀郎が歌うと民族歌も新しい感じになる。声も味があって、ハスキーな感じもあり、野太い勢いもあり、歌はシンプルだけど地方の特色みたいなのがある。あとは歌詞に地方色をかなり入れてるところも人気のひとつ。ウルムチとかトルファンとか、あとは地名や、植物とか。うちも聞いてたら懐かしくなります。ギターとかじゃなくて、新疆の民族楽器なんかと組み合わせてももっと素敵なんじゃないかなーと思ったり。出会いからもう一年くらいたって、今では自分でもよく歌ってます(笑)

刀郎原名罗林。刀郎的专缉《2002年的第一场雪》出版以来,在刀郎在新疆主流唱片业和主流娱乐媒体的情况下,仅仅凭借民间的流传,专辑中的歌曲《2002年的第一场雪》、《冲动的惩罚》和《情人》就已经风行全国。起先我在新疆、青海那边听《冲动的惩罚》的时候不太有什么感觉,可是后来越听越觉的好听,他的歌真的有一种吸引力不似现流行乐坛听歌就凭第一次的感觉。我觉得刀郎翻唱的《吐鲁番的葡萄熟了》也有味道。这首歌我在吐鲁番葡萄节的时候听了。他的歌新疆味比较浓。刀郎一直尝试用一种全新的方式来演绎民歌,让更多喜欢音乐的人了解民歌的魅力。刀郎的声音沧桑,我感觉的却是一种流浪者的心态。在歌声里能听到草原给刀郎的震撼。他的歌质朴,有着浓郁的西域特色。所以刀郎的歌声是个人的、感性的。我喜欢刀郎,有流行歌曲的上口,又有民族歌曲的价值。刀郎在歌词里巧妙的将个人感情,民族风情容进里面,把植物,地点,物品被人格化了,写出了广大市民的感受,这也是他的受欢迎的原因之一。不过我觉得刀郎音乐少用西洋乐器,多用新疆民族乐器,这样会更棒。因为刀郎的嗓音和新疆民族乐器是绝佳匹配。我听他的歌已经有一年了,他的歌曲我也会了好多,呵呵。
[PR]
by ami2026 | 2005-07-24 21:25 | 聞こう♪中華ポップス
<< 夏バテ向きの料理、東北拉皮 (... 中華料理、ガンビエンドウジャオ... >>


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
★☆★あみリンク☆★☆★
.
累計:
本日:
昨日:
アクセスアップ
検索
タグ
カテゴリ
最新のトラックバック
ひまわりが丸ごとっ!
from 新・入唐求法巡礼愚行記
以前の記事
お気に入りリンク
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク